なぜ地球磁極は逆転するのか?

現在は、太陽黒点数の推移を追っています

太陽黒点数の推移を追う:3月度その4:太陽黒点数2月度の三鷹さん見解出る!

太陽黒点数2月度の三鷹さん見解が出ました!

 

以下は、2015年3月〜2019年2月まで48ヶ月間の太陽黒点数の推移で、 [2019-02 3月度その1:太陽黒点数の推移を追う!直近48ヶ月グラフ表示 - なぜ地球磁極は逆転するのか?] よりコピーした図を示します。

2019年2月の太陽黒点数の一日当たり平均は0.0でした。 表示されていませんが、ゼロだからです。

f:id:yoshihide-sugiura:20190304132513p:plain

これに関して、三鷹さん [国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測] の見解が3月11日に公開されまして、その内容は:

2月は太陽の観測ができた19日間には全く黒点が見られず、黒点相対数の月平均値は0.00でした。2月以前に黒点相対数の月平均値がゼロになったのは、直近では2018年12月でそれより過去は前回の極小から間もない2009年8月でした。この事実と2017年11月以降の月平均値が10未満で推移していることから、現在の太陽活動が極小に近い状態であることがうかがえます。

 という事で、

 現在も南北両半球で黒点相対数の減少が続いており、今サイクルと次のサイクルの境界となる極小期はまだ定まっていません。

まだサイクル25が始まった状態とは言えない状況です。

 

以上です

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia

太陽黒点数の推移を追う:3月度その3:太陽黒点数と景気動向指数CIの推移

直近48ヶ月の太陽黒点数と景気動向指数CIの推移を表示します

2015年2月〜2019年1月までの48ヶ月間の黒点数の推移と景気動向指数CIの推移です。

景気動向指数CIは2019年1月の値が出た [統計表一覧:景気動向指数 結果 - 内閣府] ので、長期系列データをダウンロードし、2015年2月〜2019年1月までの48ヶ月間の値と対応する太陽黒点数との相関を取ってみました。

CIが1月までなので、黒点数も1月までに揃えてあります。

景気動向指数CIは、先行指数Leadingと一致指数Coincidentに分けられます。

f:id:yoshihide-sugiura:20190308212811p:plain

CIは振り幅が少なく、これで黒点数との相関を見るのはなかなか難しい。

一致指数Coincidentの2019年1月数値は、この48ヶ月では最低の97.9となり、ここで景気後退観測が出てきたものと思われます [日本はすでに景気後退局面に入っている | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準] 。

しかし、私は、一般論としての経済・景気と太陽黒点数の関係には興味を持っており、こんなグラフをいちいち挙げる人もいないと思うので、気が付いた時には挙げてゆきたいと考えております、たとえ相関が取れなくても、です。

皆様も何かご興味のある公開データがあれば仰って下さい、上記レベルのグラフでしたらスグに出せますので、よろしくお願い致します。

 

以上です

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia

太陽黒点数の推移を追う:3月度その2:太陽黒点数とSP500の推移

直近48ヶ月の太陽黒点数とSP500の推移を表示します

2015年3月〜2019年2月までの48ヶ月間の黒点数の推移とSP500の推移を示します。

黒点数はその月の一日当たりの平均値で、月初に前月値が国立天文台三鷹太陽観測さんから公開されています。 SP500は月初の始値を取っており、ここでは2月の値となります(SP500としては黒点数と合わせて多少遅れた値を取ります)。 SP500は40.0で割った値表示ですので、ご注意下さい。

f:id:yoshihide-sugiura:20190304134928p:plain

 私は株はもうやっておりませんが、黒点数とSP500は相関があると見ており、黒点数が本格的に上昇するまでの間、SP500は振動するか下降すると思っております。

尚、投資はすべて自己責任にてお願い致します。

以上です

 本ブログは、一ヶ月に一回の更新です。 毎月3日頃となります。

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia

2019-02 3月度その1:太陽黒点数の推移を追う!直近48ヶ月グラフ表示

本ブログは、直近48ヶ月の太陽黒点数の推移をグラフ表示します

観測は、三鷹太陽地上観測さん [1] が行っており毎月データが公開されていて、これをグラフ化したものです(著作権国立天文台に属します、NOAJは略称です)。

 

 何故48ヶ月かと言うと、黒点数は13ヶ月平均を取って調べるからです。 ある月を取り上げた時、前方6ヶ月と後方6ヶ月を取り、合計13ヶ月の月平均を出します。 これを月単位にスキャンし最小となる月が新しい太陽サイクルが始まる月です。 それを調べるには48ヶ月あれば充分だからです。

 1645年〜1715年、黒点がほとんど出現しない時期があり [マウンダー極小期 - Wikipedia]  、そのうちの30年間で観測された黒点数はわずか50個(本来なら4〜5万個)でした。 マウンダー極小期が明けてから黒点数はほぼ11年単位に増減を繰り返しており、明けた最初の11年をサイクル1として、現在はサイクル24の最終段階(黒点数最小期)に入っています。

 現在は正に11年に一度の太陽サイクルが切り替わる時であります。 この目で新太陽サイクル25が始まるのを見てみよう、が本ブログの目的です。

 

2015年3月〜2019年2月迄・48ヶ月間の太陽黒点数推移

三鷹太陽地上観測さん測定の月平均黒点数・48ヶ月(4年分)を表示(©国立天文台)。

f:id:yoshihide-sugiura:20190304132513p:plain

2019年02月は平均0.00個で、北半球は0、     南半球では0でした。

2019年01月は平均7.68個で、北半球は7.68、南半球では0でした。

2018年12月は平均0.00個で、 北半球は0、    南半球も0でした。

 

何と、2019年2月は再びゼロになりました

これはまだまだですね、サイクル25が始まるのは......

三鷹さんには観測を続けて頂くしかありません。 何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

以上です

 本ブログは、一ヶ月に一回の更新です。 毎月3日頃となります。

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia

太陽黒点数の推移を追う:2月度その4:1月黒点数に対する三鷹さんの見解は?

== 1月黒点数に対する三鷹さんの見解は? == 

1月の黒点数に対する三鷹さんの見解 [国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測] が2月13日に掲載されていました。

それには:

 1月の月別平均黒点相対数は7.68となりました。相対数が5以上になったのは、2018年8月以来のことです。黒点が無かった12月と比べると活発でした。南北半球別で見ると北半球の月平均黒点相対数は7.68、南半球では0.00で、1月に出現した黒点はすべて北半球のものでした 。

とあり、新規出現の黒点に対する磁極の言及はなく、

 現在も南北両半球で黒点相対数の減少が続いており、今サイクルと次のサイクルの境界となる極小期はまだ定まっていません。

との事です。

まだサイクル24が終わったのかどうかは、分からない、のが現状です。

== 以上です == 

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia



 

太陽黒点数の推移を追う:2月度その3:太陽のバタフライ・ダイヤグラムとは?

== 太陽のバタフライ・ダイヤグラムとは? == 

 太陽は11年サイクル毎に磁極を逆転させており、太陽に出現する黒点そのものも磁極を持ち、黒点の磁極方向はその時の太陽のサイクル磁極方向を現す、という事を前回述べたのですが [太陽黒点数の推移を追う:2月度その2:黒点はサイクル毎の磁極方向を持つ! - なぜ地球磁極は逆転するのか?] 、何の事を言っているのだ?と疑問に思った方も多かった、と思います。

宇宙の徒然を語る「まさき りお(id:ballooon)さん」からも沢山のご質問を頂き、それには太陽のバタフライ・ダイヤグラムを理解する必要がある、とコメントバックさせて頂いた次第です。

 で、今回は、バタフライ・ダイヤグラムの説明で、Wiki [太陽活動周期 - Wikipedia] からの引用というよりは、このWiki記事の解説そのものです。 非常に良い記事なのですが、理解するのに多少時間がかかるのです、これ。

* まずWikiに掲載されている太陽磁場の説明動画をご覧下さい、下の太文字リンク先をクリックです。 By D.H. Hathaway/NASA、英語で喋っている!とタジログ必要はありません。 黄色い部分がソース(N極)で紫の部分がシンク(S極)です。 横軸は年です。

f:id:yoshihide-sugiura:20190223043908p:plain

Evolution_of_Magnetism_on_the_Sun.ogv

展開した図がこれで:

f:id:yoshihide-sugiura:20190223053912p:plain

2008年Decにサイクル24が始まっており、その手前のサイクルで、ソースN極の位置がサイクル毎に南北逆転している事が分かります。
黒点は北緯30°〜南緯30°の間に出現する特徴があり、黒点が30°辺りに現れた場合「高緯度に現れた」と表現する事があります。

この図で90°の両極に、何故黄色や紫色が現れるのか?よく分かりません。 上記動画では両極は無色になっています。 30°〜90°の面積を圧縮して表示しているので、このような表示になるのでしょうか? 私は、両極の着色を、ひとまず無視しています。

== まとめ ==

 で、次の質問は、何故交互に交代するのか?となる訳ですが、それは太陽の自転速度は赤道と極とで差があるからネジレが生じた結果と太陽ダイナモ機構との関係によるのですが、それは次に取り上げます。

今回のまとめとしては、黒点はそのサイクル固有な方向の磁場を持ち、太陽全体としてバタフライ・ダイヤグラムと称される横軸を時間(年)にとった図で表現されて、サイクル毎に太陽磁場が逆転する様子が分かる、です。

しかし、このWikiは良い記事です。 最後に、NASAのD.H. Hathawayさんに感謝、です。

== 以上です == 

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia



 

太陽黒点数の推移を追う:2月度その2:黒点はサイクル毎の磁極方向を持つ!

== 黒点はサイクル毎の磁極方向を持つ! == 

 本日の記事は、昨年末に三鷹さんから公開された内容なのですが、あまりに専門的過ぎると思いご紹介するのを止めた経緯があります。 が、先日、宇宙の徒然を語る「まさき りお(id:ballooon)さん」とコメントのやり取りをしていて、やっぱりご紹介させて頂こう、と思い直した次第です。 何卒、よろしくお願い致します。

 国立天文台三鷹太陽地上観測さん公開の、2018年11月の太陽活動 [国立天文台 太陽観測科学プロジェクト] (公開2018年12月)記事に、面白い内容が載っていまして、主旨をまとめますと:

実は、太陽は11年毎に磁極を逆転させています。 現在はサイクル24で、これから1年の内にはサイクル25になりますが(もしくは既にサイクル25になっている)、その際、磁極は逆転致します。 ここで一つの黒点を取り上げた場合、その黒点がサイクル24に属する黒点なのか25に属するのかが分かるのです。 それは黒点は磁極の方向を持っており、これがサイクル24と25では逆になる、だから分かる、という事で、サイクル25の極性を持つ黒点が観測された、というものです。

 以下、上記三鷹さんの記事からの抜粋です: 

 ......注目すべきものが11月10日にとらえられました。図1と図2は、この日に太陽フレア望遠鏡で撮影した太陽の連続光画像と磁場分布画像で、四角形で囲まれたところに小さな黒点があります。見やすくするため、拡大した画像を図3に示します。この黒点は出現緯度が北緯25.5度と高く、磁場を見ると西 (右) 側から白 - 黒 (N極 – S極) の順に並んでいます。この磁場の並び方は現在の第24周期における北半球での磁場配列とは逆で、次の第25周期での特徴です。つまりこの黒点は、北半球にはじめて現れた次周期の黒点と考えられるのです。

図の説明は、私が加えたものです。

図1:2018年11月10日の可視光太陽画像:太陽北半球内の赤枠内に黒点が観測された。但し、よく見えない...

f:id:yoshihide-sugiura:20190211191441p:plain

Credit:国立天文台

図2:そこで、その磁場画像を観測すると、白い点と黒い点が見える。

f:id:yoshihide-sugiura:20190211191504p:plain

Credit:国立天文台

図3:ここで、二つの画像を拡大すると:

f:id:yoshihide-sugiura:20190211193737p:plain

Credit:国立天文台、但し、矢印と説明は加えさせて頂いた。

 ここで、西(左)側に黒い斑点があり、これは磁束の「吸い込み口(シンク)」で単にこれをS極と呼び、東(右)側に白い斑点があり、これは磁束の「湧き出し口(ソース)」で単にN極と称するのである。 N極から「北」を連想してはならず単に磁石の場を作る磁力線のソースであり、S極から「南」を連想してはならず単にシンクである。 単にそう約束しただけの事である。

最初はどうしてもN極と言われると「北」を連想してしまう事と、上記三鷹さんの文章が、文章は左から右に流れますが、説明は「西 (右) 側から白 - 黒 (N極 – S極) の順」で右から左になっているので、混乱してしまうのです。

いずれにせよ、何を言いたいのかというと、左に黒があり右に白があるパターンはサイクル25の方向性を持つパターンで、サイクル24では逆なのである、という事です。

但し、この時この観測された黒点は非常に弱く、三鷹さんで黒点としてカウントする基準を満たしておらず、数日で消えてしまった、との事でした。 実際、昨年12月の黒点数はゼロでした。

== まとめ ==

こうして先日の記事 [2019-01 太陽黒点数の推移を追う!直近48ヶ月グラフ表示 - なぜ地球磁極は逆転するのか?]  では、2019年1月は北半球の黒点数が7.68個/日で、南半球はゼロでした。 ここで、この北半空の7.68個がサイクル25に属する磁極方向を持っていれば、サイクル25は始まったと考えられます。 ですが、まだサイクル24に属する黒点であれば、サイクル25はまだ先の話、となる訳です。

三鷹さんのサイト [国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測] では、データは2019年1月のデータが公開されていますが、説明文は未だです(2月11日現在、2018年12月の黒点数の説明文が載っています)。

おそらく2月末頃に解説が出るものと思われます。

== 以上です == 

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia