なぜ地球磁極は逆転するのか?

現在、太陽黒点数の推移と、太陽磁極の逆転メカニズム、を追っています

8月度その4:太陽黒点数の推移を追う ➡ 7月の黒点数に対する三鷹さん見解出る!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 7月の黒点数に対する三鷹さん見解出る! 7月度の黒点数を再度報告致しますと: 2015年8月〜2019年7月迄・48ヶ月間の太陽黒点数推移 三鷹太陽地上観測さん測定の月平均黒点数・48ヶ月(4年分)を表示(©国立天文台…

8月度その3:太陽黒点数の推移を追う ➡ 太陽黒点数とSP500の推移を追う!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 太陽黒点数とSP500の推移を追う! 2015年8月〜2019年7月までの48ヶ月間の黒点数の推移とSP500の推移を示します ・ 黒点数はその月の一日当たりの平均値で、月初に前月値が国立天文台・三鷹太陽観測さんから公開されています ・ 米…

8月度その2:太陽黒点数の推移を追う ➡ 6月の黒点数に対する三鷹さんの見解が出る!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 6月の黒点数に対する三鷹さんの見解が出る! 観測は、三鷹太陽地上観測さん [1] が行っており毎月データが公開されていて、これをグラフ化したものです(著作権は国立天文台に属します、NOAJは略称です) * 何故48ヶ月かと言う…

2019-07 8月度その1:太陽黒点数の推移を追う ➡ 直近48ヶ月のグラフ表示!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 直近48ヶ月のグラフ表示! 観測は、三鷹太陽地上観測さん [1] が行っており毎月データが公開されていて、これをグラフ化したものです(著作権は国立天文台に属します、NOAJは略称です)。 * 何故48ヶ月かと言うと、黒点数は1…

7月度その2:太陽黒点数の推移を追う ➡ 太陽黒点数とSP500の推移を追う!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 太陽黒点数とSP500の推移を追う! 2015年7月〜2019年6月までの48ヶ月間の黒点数の推移とSP500の推移を示します。 ・ 黒点数はその月の一日当たりの平均値で、月初に前月値が国立天文台・三鷹太陽観測さんから公開されています。 ・…

2019-06 7月度その1:太陽黒点数の推移を追う ➡ 直近48ヶ月のグラフ表示!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 直近48ヶ月のグラフ表示! 観測は、三鷹太陽地上観測さん [1] が行っており毎月データが公開されていて、これをグラフ化したものです(著作権は国立天文台に属します、NOAJは略称です)。 * 何故48ヶ月かと言うと、黒点数は1…

6月度その10:太陽磁極の逆転を追う ➡ 太陽ダイナモ・モデルから入ろう!

太陽磁極の逆転を追う ➡ 太陽ダイナモ・モデルから入ろう! * という訳で、今後の進め方を考え一次元で何らかの結果を出したい、と思っておりましたが、私のゴールであるバタフライ・ダイヤグラム: を部分的とは言え一次元で取り扱うのは無理ではないか?…

6月度その9:太陽黒点数の推移を追う ➡ 5月度の太陽黒点数について、三鷹さんの見解が出る!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 5月度の太陽黒点数について、三鷹さんの見解が出る! まず、この5月までの48ヶ月黒点数推移を再度示しますと: 2015年6月〜2019年5月迄・48ヶ月間の太陽黒点数推移 三鷹太陽地上観測さん測定の月平均黒点数・48…

6月度その8:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 今後の進め方を考える・その2!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 今後の進め方を考える・その2! * という訳で、下図を例に取りますと: * 第一歩として、上図の水色ラインについて考えてみますと、これは電磁気学そのもので、ここに流体を入れようとすると、太陽上空のプラズ…

6月度その7:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 今後の進め方を考える!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 今後の進め方を考える! * という訳で、OpenMHDの別一次元事例をノートPC上で再現しながら、今後の進め方についてボンヤリと考えておりました。 * 私が知りたい事は、太陽上下両極の磁極の動き、または太陽表面…

6月度その6:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題を単一パルス入力に戻し長時間シミュレーションする!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題を単一パルス入力に戻し長時間シミュレーションする! * という訳で、S極ーN極ーS極の一次元ラインとは、太陽のポロダイル磁場を水平に切って、その一部直線を描画したものである、と解釈できます。 …

6月度その5:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題にS極ーN極パルス対を入力してみる!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題にS極ーN極パルス対を入力してみる! * という訳で、前回のSーNーSの単一パルス入力から変更して、0ーS−0ーN−0のS極N極パルスを入力してみます。 ダブルパルスであるが、極性の異なるダブルパルス…

6月度その4:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元リーマン問題で時間軸を進めてみよう!【追記】T=4から5まで106画像に分解しgif化!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元リーマン問題で時間軸を進めてみよう!【追記】T=4から5まで106画像に分解しgif化! * という訳で、前回、誤動作する環境の結果を報告したので謹慎していた訳ではなく、6月になりましたので5月迄の黒点数…

6月度その3:三鷹太陽地上観測さんトピックス ➡ 直線偏光する太陽フレアの原因を探る!

三鷹太陽地上観測さんトピックス ➡ 直線偏光する太陽フレアの原因を探る! * 6月4日現在の三鷹太陽地上観測さんのサイト [国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測] の下の方を見ますと、トピックスとして「太陽フレアの謎の偏光をさぐる」…

6月度その2:太陽黒点数の推移を追う ➡ 太陽黒点数とSP500の推移を追う!

太陽黒点数の推移を追う ➡ 太陽黒点数とSP500の推移を追う! 2015年6月〜2019年5月までの48ヶ月間の黒点数の推移とSP500の推移を示します。 ・ 黒点数はその月の一日当たりの平均値で、月初に前月値が国立天文台・三鷹太陽観測さんから公開されています。 ・…

2019-05 6月度その1:太陽黒点数の推移を追う、直近48ヶ月のグラフ表示!

本ブログは、直近48ヶ月の太陽黒点数の推移をグラフ表示します 観測は、三鷹太陽地上観測さん [1] が行っており毎月データが公開されていて、これをグラフ化したものです(著作権は国立天文台に属します、NOAJは略称です)。 * 何故48ヶ月かと言うと、…

5月度その26:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題・Bx,By,Bzすべて変化させてみる!【追記】この走行は誤りでした!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題・Bx,By,Bzすべて変化させてみる!【追記】この走行は誤りでした! * という訳で、前回で伝導電流がどの方向へ流れているのか?を考えるのは止めにして、磁束方向にバリエーションを付けてみる実験で…

5月度その25:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題・Bz初期設定値も設定してみる!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題・Bz初期設定値も設定してみる! * という訳で、Bz初期値もBxと同じ0.75固定値を設定してみた。 * 上がオリジナルでBx=0.75,Bz=0.0、下がBx=0.75,Bz=0.75である: Bx=0.75,Bz=0.0 Bx=0.75,Bz=0.75 …

5月度その24:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題・Bx初期設定値を振ってみる!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題・Bx初期設定値を振ってみる! * という訳で、Bx初期値はどのような働きをしているのか?を知る為に、これを振ってみる。 * まず、最初はオリジナル ! Brio & Wu (1988) モデルで: if ( x(i) < 0.d…

5月度その23:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 磁束総和は閉じている条件!【追記】結果が出ました!【追記2】伝導電流の方向を考えると!【追記3】初期設定Bxが決定づけている?

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 磁束総和は閉じている条件!【追記】結果が出ました!【追記2】伝導電流の方向を考えると!【追記3】初期設定Bxが決定づけている? * という訳で、MHDシミュレータ・OpenMHDの世界、一次元または二次元の世界にお…

5月度その22:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 磁気流体力学の基本を確認しておこう!【追記】アルヴェーン波存在の写真をアップ!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 磁気流体力学の基本を確認しておこう!【追記】アルヴェーン波存在の写真をアップ! * という訳で、これは前から一度まとめておく必要がある、と思っていた事がありまして、それは Wiki [磁気流体力学 - Wikipedi…

5月度その21:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元リーマンのダブルパルス応答!【追記】磁束Y成分を考察する!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元リーマンのダブルパルス応答!【追記】磁束Y成分を考察する! * という訳で、今度はダブルパルス入力について、一次元リーマン応答を見てみよう。 * 圧力(Pressure) * 密度(Density) * 磁束Y成分(B…

5月度その20:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元リーマン問題を変形してみる!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元リーマン問題を変形してみる! * という訳で、そろそろ応用段階に入ろうか?と。 そこでまずビギナーとしては、一次元リーマン問題を変形してみよう。 即ち、オリジナルはステップ応答であるが、これをパル…

5月度その19:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ psの意味が分かりました!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ psの意味が分かりました! * という訳で、OpenMHDのソース上でpsを追っていたら、psiと出てきて、ギリシャ文字のΨ(プサイ)でした。 * 意味としては制限関数に使う様で、セル境界値を求める際にMUSCAL法という…

5月度その18:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ ローレンツ力と電磁誘導から生ずる疑問!【追記】教科書を見てみる!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ ローレンツ力と電磁誘導から生ずる疑問!【追記】教科書を見てみる! * という訳で、今回はgifはチョットお休みで、ローレンツ力と電磁誘導を学び、そこから出てくる疑問を述べます。 * Wiki [ローレンツ力 - Wi…

5月度その17:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ まずは二次元KH不安定問題の密度・gif解を得る!【追記】圧力・gif解も追加してみる!【追記2】Bz・gif解も追加してみる!【追記3】psの意味が分かりました!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ まずは二次元KH不安定問題の密度・gif解を得る!【追記】圧力・gif解も追加してみる!【追記2】Bz・gif解も追加してみる!【追記3】psの意味が分かりました! * という訳で、まず二次元の入り口として、OpenMHDに…

5月度その16:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元問題とは何か?を問う!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ 一次元問題とは何か?を問う! * という訳で、OpenMHDのリーマン問題にて、一次元問題の取扱をソースレベルで調べる。 OpenMHD開発元・神戸大学・銭谷先生によれば、セルの基本量とは: 密度ρ(ローと読む)、速…

5月度その15:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン解の基本量をgif化!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン解の基本量をgif化! * という訳で、OpenMHDの一次元例題「リーマン問題」のシミュレーションを実行し、基本量をプロットアウトしてgif化してみる。 OpenMHD開発元・神戸大学・銭谷先生の説明書 [http://…

5月度その14:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータの基本 ➡ HLLD法リーマン解を理解する!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータの基本 ➡ HLLD法リーマン解を理解する! * という訳で、松本先生の教科書によれば: 磁気流体力学(MHD)では、流体に働く力として圧力勾配の他にローレンツ力を考える。 事になり、MHDの結果は数値流速Fにて示される…

5月度その13:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータの基本 ➡ 境界条件を知る!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータの基本 ➡ 境界条件を知る! * という訳で、従来より数値解析とは、初期値の設定を行い、境界条件の設定を繰り返し行なって解を得る、と漠然と思っていたのですが、松本先生の教科書を見ると: 波動方程式のような放…