なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/カナダ地磁気を追っています

4月度その5:地球磁極の不思議シリーズ➡カナダ・オタワの地磁気季節変化の原因を探る!

地球磁極の不思議シリーズ➡カナダ・オタワの地磁気季節変化の原因を探る!

 

先日の記事「4月度その4:地球磁極の不思議シリーズ➡カナダ・オタワの地磁気年変化を追う! - なぜ地球磁極は逆転するのか?」より、オタワにおける2年間の地磁気変化(1日の最大値ー最小値の差分データを365日x2=730日表示)を追う事と致しました 月一の報告となります!

本日は、オタワで見られる周期性振動(季節変化)の原因を探ってみよう、という訳です

 

以上、お付き合い頂ければ幸いです

尚、地磁気に関するデータはすべからく商用には使用できませんので、ご注意下さい

 

 

地球表面の磁場強度マップ2020年ESA):

地表の磁場強度分布図、青が弱く赤が強い

f:id:yoshihide-sugiura:20210407055543p:plain

2020年の北磁極と南磁極の位置、オタワの位置を示している

 

当ブログの磁極逆転モデルを示せば:

1.地球は巨大な1ビット・メモリーであり、内核の鉄単結晶が南北どちらかの極性をロックし双極子磁場(棒磁石)として記憶している

2.この1ビット・メモリー書き換え可能、書き換えは外核液体鉄が上層部では鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態となり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した場合に書き換わる

従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可能で、カオスとしてよい

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

 

 

 

 地磁気データは、気象庁 [地磁気観測所|基礎知識|用語の説明] さんより

地磁気の各要素

で示され、地磁気ベクトルのX正方向が北方向成分、Y正方向が東方向成分、Z正方向が鉛直方向成分となります、各々方向成分の磁場強度(大きさ)は、グラフ上長さで示されます

 

 オタワにおける北方向成分・最大値ー最小値の変動量を示す(2年間)

測定は秒単位で行われ、分単位の平均値を求め、一日における分単位の最大地磁気強度と最小強度の差分をグラフで示す、データは [Digital Data from Canadian Magnetic observatories] より(以下、同様)

f:id:yoshihide-sugiura:20210407053250p:plain

明らかに秋〜冬場に差分最大となり夏場に最小となる、これをオタワ北方振動とする

 

 オタワにおける東方向成分・最大値ー最小値の変動量を示す(2年間)、マイナス値なので西方向成分となっている

f:id:yoshihide-sugiura:20210406232401p:plain

マイナス値なので気を付けて見る必要がある、秋〜冬場に西方向成分の差分最大となり夏場では最小となる、これをオタワ西方振動とする

 

 オタワにおける鉛直方向成分・最大値ー最小値の変動量を示す(2年間)

f:id:yoshihide-sugiura:20210406232423p:plain

鉛直方向は季節による変動(振動)はない、と見ていいだろう

 

 北極の地磁気強度マップ2020(京都大学 [国際標準地球磁場 (IGRF-13)] さんに、ブログでコメント追加)

f:id:yoshihide-sugiura:20210408015904p:plain

この図は重要である!

 

 

考察:

オタワでは年1回(秋から冬にかけて)の北方振動ピーク西方振動ピークが見られる

年1回という事で明らかに太陽の動きに原因がある、しかし太陽動作が直接の原因か間接なのか?は分からない

太陽直接であれば、それは太陽風である、秋から冬にかけてオタワで太陽風が強まり(もしくは弱まり)オタワの地磁気強度を分単位で変化させやすくなる(差分をプロットしているので、昼夜で差分大となる可能性は大きい)とするものである

太陽以外であれば、それはカナダ北部磁場強度ピーク・ポイントとバイカル湖北部磁場強度ピーク・ポイントの振動が秋から冬にかけて大きくなっている可能性が大きい

 

ここで昨年8月に作成した他地域における振動をまとめてみる:

1.日本(柿岡)「8月度その11:地磁気の年周期性を追うシリーズ ➡ 問題点を整理する、柿岡における日単位の地磁気最大値と最小値の変動幅を取ると!⬅ 追記あり - なぜ地球磁極は逆転するのか?」では:

年単位で、強い西方振動と弱い鉛直振動が見られ、北方振動は見られない

2.フランス(シャンポン ラ フォレ)「8月度その19:地磁気の年周期性を追うシリーズ ➡ フランス・シャンボン ラ フォレ最大値マイナス最小値の差分グラフを取る! - なぜ地球磁極は逆転するのか?」では:

強い東方振動と鉛直振動が見られるが、北方振動についてはそれほど明確ではない

各測定点の位置を示せば:

f:id:yoshihide-sugiura:20200825125752p:plain f:id:yoshihide-sugiura:20200825125813p:plain

である(昨年8月にこの測定をしておいて良かった!)

 

まとめると:

オタワで見られる振動は、他の測定ポイントの振動結果も含めてみると、バイカル湖北部とカナダ北部の地磁気強度ピーク・ポイントの数値が日単位(恐らく昼夜)で秋から冬にかけて差分最大となるからである、と思える

では、何故バイカル湖北部とカナダ北部の地磁気強度が?となると、それは分からない、太陽活動の何がそうさせているのか!である

 

 

 

 

 

以上、お付き合い頂きまして、誠にありがとう御座いました

感謝です