なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/カナダ地磁気を追っています

5月度その4:オタワOTTの地磁気振動を追うシリーズ ➡ オタワOTTにおける地磁気差分の年振動を追う!

オタワOTTの地磁気振動を追うシリーズ ➡ オタワOTTにおける地磁気差分の年振動を追う!

 

5月より新シリーズ「オタワOTTの地磁気振動を追うシリーズ」をスタートです

オタワにおける地磁気の「差分年振動と日振動と年間変化」を3回に分けての報告となります

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210407055543p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210417042146p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

オタワOTTにおける地磁気差分振動とは、北方成分と西方成分の各日における最大値と最小値の差分を3年間に渡りプロットしたものです

 

図1:地磁気北方成分の最大値マイナス最小値(差分)の年振動

f:id:yoshihide-sugiura:20210504022641p:plain

従来2年のグラフを提示していましたが、5月から3年に伸ばしました、これは2018年4月にオタワ・データに欠損があるため従来2年までしかプロットできなかった事によります

春夏秋冬の季節バーと、太陽黒点数の色調バーと、各日における最大値と最小値が得られた時刻(世界標準時グリニッジ時刻)、を参考にプロットしています

ここで追うのは「何故、夏から冬にかけて差分最小値が得られるのか?」となります

ですが、年振動原因の追求はまだ先の事となります

 

図2:地磁気東方成分(マイナスなので西方成分)の差分年振動

f:id:yoshihide-sugiura:20210504022825p:plain

オタワで東方成分はマイナスで西方成分となります、従いまして差分とは絶対最大値マイナス絶対最小値の値で、グラフ上ではマイナス表記(西方振動という事)となっています

ここでも差分最小値は、夏から冬にかけて観測されますので同じ疑問が生じます

 

図3:太陽黒点数の推移

f:id:yoshihide-sugiura:20210504192542p:plain

地磁気は磁気嵐により影響を受ける、とあります、そこで磁気嵐のデータを探したのですが、磁気嵐は「秒・分・時間・日」のオーダでのデータが多く、月や年単位で適当なデータが見当たりませんでした

そこで、磁気嵐と相関があるとされる太陽黒点数のグラフを参考情報として提示する事としました、黒点数に応じて色調を変えてあります、濃ピンク(多い)・オレンジ(中位)・薄ピンク(少い)、に対応させています

このグラフの結果は、図1と図2に太陽・黒点数バーとして提示しています、黒点数は1日の平均を月当りで表示します

尚、ここ3年で大きな磁気嵐は無かった模様です

 

まとめ:

夏から秋にかけて差分最小値が毎年観測されるのですから、当然にして地軸の傾きと関係があります

これです

f:id:yoshihide-sugiura:20210503095219p:plain

しかし、詳細な考察を進めるには、まず、日振動の原因を追う必要があります

日振動の考察は次の記事でアップ致します

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です