なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/カナダ地磁気を追っています

6月度その5:カナダの磁場強度シリーズ➡オタワOTTの北方向磁場強度の年動作を追う!

カナダの磁場強度シリーズ➡オタワOTTの北方向磁場強度の年動作を追う!

 

 

昨日は、カナダ・オタワの北方向磁場強度の日動作を3年間追いました

今日は、年動作を3年間追ってみます、差分が効果的な表現となっています

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

観測期間は、2018年6月から2021年5月までの3年間です

 

データは [Geomagnetism Canada] よりダウンロードしグラフ化しています

図1:1日の磁場強度の最大値と最小値

f:id:yoshihide-sugiura:20210609114710p:plain

その差分は50nT程度である、全体としてオタワ北方向磁場は強まっているが、その差分に大きな変化は見られない(3年間では)

 

図2: 図1の差分を取ると

f:id:yoshihide-sugiura:20210610123127p:plain

差分最小値は冬、差分最大値は夏、に出現している

差分を最初に取り上げたので、差分のグラフはかなり詳しくなっているが、ここまで詳しくする事はなかった、と思っています

 

図2では、太陽黒点数の推移をカラー・バーで示している、カラー・バーの内容を以下に示すと

図3:太陽黒点数の推移

f:id:yoshihide-sugiura:20210610123202p:plain

2020年10月〜2021年5月にかけて黒点数は増加しているのだけれども、それが特に年動作に影響を与えているようには見えない

 

 

 

まとめ:

差分最大値が夏に現れるという事は、オタワにおける夏のUTC21時頃のデータで現れる

差分最小値が冬に現れるという事は、オタワにおける冬のUTC16時頃のデータで現れる

という事である

 

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です