なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/世界の地磁気変動を追っています

10月度その12 世界の北方磁場強度シリーズ➡南米は仏領ギアナ・クールーのデータを見つけ北方磁場変動3年間グラフを出す!

世界の北方磁場強度シリーズ➡南米は仏領ギアナ・クールーのデータを見つけ北方磁場変動3年間グラフを出す!

 

ホノルルHONに続いて南米は仏領ギアナ・クールーのデータをINTERMAGNETさんからダウンロードしグラフ化しました

期間は2018年10月から2021年9月迄の直近3年間です、やっと低緯度で綺麗なグラフが得られました!

ここは北緯5度で、昨日のホノルルHONより面白い結果が出ています

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

まず、地磁気一般と当ブログモデルと電離圏一般です

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210826182214p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210826182616p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである、地球内核は単結晶の固体鉄であって永久磁石として磁場方向を記憶している

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

[世界初!地球中心部の超高圧高温状態を実現 ~ようやく手が届いた地球コア~ — SPring-8 Web Site] さんの図に説明追加させて頂ければ:

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

 

極地電離圏における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

電離圏とfoF2とは [電離層(Ionosphere)について解説] さんより

f:id:yoshihide-sugiura:20210827173546p:plain

上図は昼の状態で夜から昼への移行モデルを示せば [Ionosphere - Wikipedia] より、By Carlos Molina

電離圏S4シンチレーションマップはオーストラリア政府 [SWS - Section Information - About Ionospheric Scintillation] より

f:id:yoshihide-sugiura:20210907163716p:plain

 

 

 

ここから本文です

南米仏領ギアナ・クールーKOUデータをINTERMAGNETサイト [Data Download] よりダウンロードし例によってグラフ化ました

[INTERMAGNET] さんは、地磁気データを提供するサイトだそうで、感謝です!

 

南米仏領ギアナの位置ですが、By TUBS:

フランス領ギアナの位置

              ここです 

クールーにはフランスのロケット発射基地があるそうで、ロケットは東向きの海岸から打ち上げますから海辺の街です平均して、ロケットはギアナ宇宙センターから毎月1機が打ち上げられます。

中央上に打ち上げられたロケットが見えます

 

 

 

以下、クールーKOU(北緯5度)の北方磁場強度最小値と最大値3年間です

図1:最小値と最大値3年間

f:id:yoshihide-sugiura:20211014220708p:plain

微減です、HONに続いて北方地磁気減少観測地点となりました

磁場強度平均値は26.56KnTとHON26.84KnTと同程度です

グラフで描画されているデータは最小値で1095日、最大値で1002日(正常であれば最大も1095日)です、最大値では約3ヶ月94日分のデータがグラフ範囲内には表示されていません

 

 

クールーKOU(西経53度)の北方磁場強度最小値と最大値の時刻別カウントです

図2:最小値と最大値の時刻別カウント

f:id:yoshihide-sugiura:20211014221444p:plain

KOU西経53度はグリニッジとの時差約20.5時間で、

LT20.5時台に最小値

LT10.5時台に最大値を観測しています

何と、現地時間朝10時半台に最大値を観測しています

そして最大値・最小値は極めて綺麗なシングルピークとなっています

 

 

まとめ:

1.GUAやHONに見られたようなデータ欠損(異常)なしの綺麗なグラフが得られた事は大きいです、それも北緯5度で!

これは準リアルタイムの波形データ3日間を取ってFFT解析をやりGOES-17Westと比較してみたくなります

2.ですが、その前にもう少し低緯度観測地点を増やしましょう

 

 

次回はカリブ海に浮かぶプエルトリコサンファン(San Juan)SJGのデータからグラフ化を試みます

f:id:yoshihide-sugiura:20211015070509p:plain

中央ドミニカ共和国の右(東)にプエルトリコが見えます

サンファンは北緯18度西経66度に位置する港町だそうです

プエルトリコ・サンフアンの観光地8選!スペイン薫るカリブのリゾート

 

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です