なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/カナダ地磁気を追っています

6月度その9:カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICデータで最小値時刻・最大値時刻に同時刻観測を加える!

カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICデータで最小値時刻・最大値時刻に同時刻観測を加える!

 

今まで最小値検出時刻と最大値検出時刻について、同時刻(Hourの意味)観測の場合は最大値で表現していました

これでは精度が上がらないので同時刻観測の場合は黒で表現するように変更しました

ビクトリア・データを使っています

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

観測期間は、2018年6月から2021年5月までの3年間です

 

データは [Geomagnetism Canada] よりダウンロードしグラフ化しています

 

図1:差分データのグラフ

f:id:yoshihide-sugiura:20210616041436p:plain

世界標準時ベルトに現れる黒点が同時刻観測です

 

拡大しますと、

図2:最小値と最大値の検出時刻のグラフ

f:id:yoshihide-sugiura:20210616041530p:plain

こうなります

同時刻観測を示す黒点数は8個で、全体は(365x3)x24=26,280時間ですから微々たるものでした

ただ、太陽の黒点活動が盛んな時期に同時刻観測の黒点も多くなるのかな?という印象を持ちます

参考までに太陽黒点数の推移グラフを示すと

図3:太陽黒点数の推移グラフ

f:id:yoshihide-sugiura:20210616044724p:plain

 

 

 

 

まとめ

同時刻観測の黒点表示は7月度からサポートします

7月度からは、もう少し報告の仕方を考えなければイケナイと思っております

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です

6月度その8:カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICの北方向磁場強度の年動作を追う!

カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICの北方向磁場強度の年動作を追う!

 

 

は、カナダ・ビクトリアの北方向磁場強度の日動作を3年間追いました

今日は、年動作を3年間追ってみます、差分が効果的な表現となっています

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

観測期間は、2018年6月から2021年5月までの3年間です

 

データは [Geomagnetism Canada] よりダウンロードしグラフ化しています

図1:1日の磁場強度の最大値と最小値

f:id:yoshihide-sugiura:20210615114742p:plain

その差分は50nT程度である、全体としてビクトリア北方向磁場強度は増加も減少もしていない、フラットである(3年間で見ると)

 

図2: 図1の差分を取ると

f:id:yoshihide-sugiura:20210615114928p:plain

差分最小値は秋から冬、差分最大値は春から夏(但し大分バラけているが)、に出現していると言っていいだろう

 

図2では、太陽黒点数の推移をカラー・バーで示している、カラー・バーの内容を以下に示すと

図3:太陽黒点数の推移

f:id:yoshihide-sugiura:20210610123202p:plain

2020年10月〜2021年5月にかけて黒点数は増加しているのだけれども、それが特に年動作に影響を与えているようには見えない

 

 

 

まとめ:

 

まだもう少し観測を続ける必要があるだろう、という段階と思われます

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です

6月度その7:カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICの北方向磁場強度の日動作を追う!

カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICの北方向磁場強度の日動作を追う!

 

 

6月は、続いてカナダ・ビクトリアの北方向磁場強度の日動作を3年間追います

日動作というのは、1日の磁場強度変化において最大値が得られる時刻と最小値が得られる時刻を測定し、最大最小動作の原因を追うものです

オタワとどう違うか?ですが、まずはビクトリアの日動作を調べます

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

観測期間は、2018年6月から2021年5月までの3年間です

 

データは [Geomagnetism Canada] よりダウンロードしグラフ化しています

図1:1日の磁場強度の最大値と最小値

f:id:yoshihide-sugiura:20210612165900p:plain

その差分は50nT程度である、全体としてビクトリア北方向磁場は3年間で大きな変動はなく、フラットである

 

図2:最大値と最小値の観測時刻

f:id:yoshihide-sugiura:20210612170028p:plain

時刻は国際標準時UTCで、グリニッジにおける時刻と思って頂いてよい

UTC18時頃に最小値が観測されているが、UTC4時頃にも最小値が観測されるベルトがある、これは3年間を通じてである、UTC18時頃とUTC4時頃の2ヶ所に最小値ベルトが観測されるという事はオタワではなかった現象である

一方、最大値の方はUTC23時頃とUTC9時頃の2ヶ所にベルトが生成される事になる

 

それでは、まずUTC18時とUTC4時の太陽位置を調べてみよう

[Aurora - 30 Minute Forecast | NOAA / NWS Space Weather Prediction Center] より6月12日に予測されたオーロラ帯と太陽光とビクトリア位置を示せば(3年間常にUTC18時頃とUTC4時頃に最小値なのだから何月何日でもいいのだ):

図3:UTC18:01における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612175408p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で午前10時頃である

この時、南中しているのは地球双極子S極2020である、と言える

 

図4:UTC04:04における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612175655p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で20時頃である

この時、南中しているのはやはり地球双極子S極2020である、と言える

 

 

 

それでは最大値を示す時間帯UTC23時とUTC9時における太陽位置とビクトリア位置を確認しよう

図5:UTC23:01における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612181313p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で午後17時頃である

 

図6:UTC09:05における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612181953p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で午前1時頃である

 

 

 

まとめ:

1.ビクトリアでは最大値または最小値のベルトが2ヶ所に現れる、という測定結果である(但し、ベルトで強弱はあるが)

2.これはオタワでは観測されなかった現象であり、3年間に渡る観測結果なので、一時的なものではない

3.オタワではオタワ南中時に最小値が観測されたが、ビクトリアでは地球双極子S極が南中する時に最小値が観測されている

4.ビクトリア独特の、2ベルト現象と地球双極子南中時に最小値を示す、の原因についてはもう少し考えないと分からない

しかし、観測事実として報告する意味は大いにある、と思います

 

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です

6月度その6:カナダの磁場強度シリーズ➡磁場強度・最大値と最小値のとり方を説明します!➡追記あり!

カナダの磁場強度シリーズ➡磁場強度・最大値と最小値のとり方を説明します!

 

 

日動作や年動作のグラフばっかり説明して来まして、最大値と最小値のとり方を説明しておりませんでした

これ、気になっていましたので、本日はここを説明致します

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

カナダにおける地磁気データベースは:

 

秒単位で地磁気強度を測定し、分単位で平均した値にてダウンロードしています

これを3年分ダウンロードします、従いまして1,576,800分となります

 

このデータをスキャンし、1日単位で:

最大値が検出された時刻と値を内部テーブルに格納

最小値が検出された時刻と値を内部テーブルに格納

こうして日時(日&時で分は外す)単位で外部テーブルにファイル出力し、Rでグラフ描画しています

差分を取る時は、差分を取ってから外部ファイルに出力しています

 

 

追記:2021/06/11 17:35

もし同じ地磁気強度が異なる時間で検出された場合はどうなるのか?とお考えの方もおられるかと思いますが、地磁気強度は:

フローティングにて小数点以下4桁で表現

していますので、まず同じ値になる事はない、とお考え下さって大丈夫です

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です

6月度その5:カナダの磁場強度シリーズ➡オタワOTTの北方向磁場強度の年動作を追う!

カナダの磁場強度シリーズ➡オタワOTTの北方向磁場強度の年動作を追う!

 

 

昨日は、カナダ・オタワの北方向磁場強度の日動作を3年間追いました

今日は、年動作を3年間追ってみます、差分が効果的な表現となっています

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

観測期間は、2018年6月から2021年5月までの3年間です

 

データは [Geomagnetism Canada] よりダウンロードしグラフ化しています

図1:1日の磁場強度の最大値と最小値

f:id:yoshihide-sugiura:20210609114710p:plain

その差分は50nT程度である、全体としてオタワ北方向磁場は強まっているが、その差分に大きな変化は見られない(3年間では)

 

図2: 図1の差分を取ると

f:id:yoshihide-sugiura:20210610123127p:plain

差分最小値は冬、差分最大値は夏、に出現している

差分を最初に取り上げたので、差分のグラフはかなり詳しくなっているが、ここまで詳しくする事はなかった、と思っています

 

図2では、太陽黒点数の推移をカラー・バーで示している、カラー・バーの内容を以下に示すと

図3:太陽黒点数の推移

f:id:yoshihide-sugiura:20210610123202p:plain

2020年10月〜2021年5月にかけて黒点数は増加しているのだけれども、それが特に年動作に影響を与えているようには見えない

 

 

 

まとめ:

差分最大値が夏に現れるという事は、オタワにおける夏のUTC21時頃のデータで現れる

差分最小値が冬に現れるという事は、オタワにおける冬のUTC16時頃のデータで現れる

という事である

 

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です

6月度その4:カナダの磁場強度シリーズ➡オタワOTTの北方向磁場強度の日動作を追う!

カナダの磁場強度シリーズ➡オタワOTTの北方向磁場強度の日動作を追う!

 

 

6月は、まずはカナダ・オタワの北方向磁場強度の日動作を3年間追う事にしました

日動作というのは、1日の磁場強度変化において最大値が得られる時刻と最小値が得られる時刻を測定し、最大最小動作の原因を追う、とするものです

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

観測期間は、2018年6月から2021年5月までの3年間です

 

データは [Geomagnetism Canada] よりダウンロードしグラフ化しています

図1:1日の磁場強度の最大値と最小値

f:id:yoshihide-sugiura:20210609114710p:plain

その差分は50nT程度である、全体としてオタワ北方向磁場は強まっているが、その差分に大きな変化は見られない(3年間では)

 

図2:最大値と最小値の観測時刻

f:id:yoshihide-sugiura:20210609114813p:plain

時刻は国際標準時UTCで、グリニッジにおける時刻と思って頂いてよい

UTC16時頃に常に最小値が観測されている、これは3年間を通じてであり、日動作としては常にUTC16時頃に北方磁場はオタワにおいて最小となるのである

一方、最大値はUTC21時頃に得られているが、ボケている(広がっている)

 

それでは、UTC16時頃に何が起きているのか、というと、

[Aurora - 30 Minute Forecast | NOAA / NWS Space Weather Prediction Center] より6月8日に予測されたオーロラ帯と太陽光とオタワ位置を示せば(3年間常にUTC16時頃に最小値なのだから何月何日でもいいのだ):

図3:UTC16:02における太陽光とオタワ位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210609210206p:plain

時差は5時間であるので、オタワ11時であり太陽が南中する頃と見てよいだろう

即ち、太陽南中時頃に北方向磁場は毎日最小となるのである

 

図4:UTC21:02における太陽光とオタワ位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210609210230p:plain

UTC21時はオタワ16時であり、夕方である、最大値の方は広がっていて最小値ほどのシャープさは無いが、夕方頃に毎日最大値が観測されるのである

オーロラ帯が太陽光に押されているのが分かる、本ブログではこれは太陽風が(も)押している、と考えています

 

 

 

まとめ:

1.太陽南中時頃に北方向磁場は毎日最小値を示し、オタワの場合は夕方頃に最大値を示す、という測定結果である

 

2.原因としては、太陽風による磁力線層の圧迫(南中時)と、結果として両側に磁力線層が広がる、という事が考えられるが、これは自明の事ではない

特に夕方に最大値を観測しやすい、という点である

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です

6月度その3:エルニーニョ南方振動ELSOと太陽黒点数の相関を追うシリーズ➡過去48ヶ月の太陽黒点数とエルニーニョ&ラニーニャの相関グラフを取る!➡追記あり06/10!

エルニーニョ南方振動ELSOと太陽黒点数の相関を追うシリーズ➡過去48ヶ月の太陽黒点数とエルニーニョラニーニャの相関グラフを取る!

 

エルニーニョ南方振動ELSOと太陽黒点数との相関を調べる目的で、最新2021年4月の太陽黒点数データからさかのぼる事、過去48ヶ月間のグラフを取りました

月一の報告となります

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

エルニーニョラニーニャ・データは [エルニーニョ・南方振動 - Wikipedia] を参照しています:

 

以下にここ約4年分の最新リストを提示致します

2016年夏 - 2017年春 ラニーニャ 北海道を中心とした8月の長期的な大雨・豪雨
1951年に気象庁が統計を取り始めて以来、初めて東北地方の太平洋側に台風が上陸した。
また北日本では平年より7日 - 10日早い初雪・初冠雪を観測し、関東甲信越では2016年11月に初雪・初冠雪を観測した(関東甲信越で11月に初雪・初冠雪が観測されたのは1962年11月以来、54年ぶりとなる)。
このほか、2017年1月中旬と2月中旬、3月上旬は日本国内(平成29年日本海側豪雪)のみならず、国外の多くで10数年に1度の北半球最大規模の大寒波が襲来した。
2017年秋 - 2018年春

この冬(2017年12月~2018年2月)の平均気温は約1度程度低かった。

そして冬の積雪は平年よりかなり多く、日本規模で寒冬となった。

2018年秋 - 2020年春 エルニーニョ

( 2018年9月 ) 9月4日に近畿地方にかなり台風接近して危険な暴風となった

9月7日~9月10日は秋雨前線が近づいて西日本では断続的に雨が降り続いた。

冬はほぼ全国的に暖冬で、南西諸島は記録的暖冬 、西日本や東日本でも顕著な暖冬となり、西日本の日本海側は記録的少雪となった。

2019年5月~7月は北日本を中心に記録的な長期高温・長期日照・長期少雨となった。

2019年6月は南米で大量の雹が局地的に降り、欧州で長期的な異常高温になるなど異常気象が発生した。

2019年12月から2020年2月にかけて日本では北日本を除き、2006年12月 - 2007年2月当時を凌ぐ記録的な大暖冬となった。

2020年秋 -2021年春 ラニーニャ

2020年初冬より日本国内を中心に、数年に1度の最大規模の大寒波が襲来し、12月14日から21日までの7日間の総降雪量が200センチ(2メートル)を超えた地点が数地点と、主に東日本と北日本の各日本海側、および山陰地方を中心に記録的な大雪を観測した

2021年1月上旬には日本のみならず、中国や韓国などの東アジアや一部の欧州でもでも数年に1度の最大規模の大寒波が襲来し、特にスペインの首都マドリードでは半世紀(50年)ぶりの大雪となった

2021年春(3月〜5月)は、ラニーニャ状態である、と宣言されました(しかし6月8日現在、Wikiに夏の予測は載っていません

 

ここで黒点数は、月初に前月の値(1日当りの黒点数で月平均)が [国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測] さんより公開されており、それを使っています

 

現在、黒点数データは直近48ヶ月(従って2021年5月よりさかのぼる事4年分)のデータを解析しており、そこにエルニーニョラニーニャ・データを被せたグラフが、以下のグラフです

f:id:yoshihide-sugiura:20210608205224p:plain

マジェンダが太陽南半球の黒点数、シアンは太陽北半球の黒点数、で横軸は月

その上に高さ5固定で、ブルーがラニーニャ状態の月、オレンジがエルニーニョ状態の月を上乗せ

ブルー(ラニーニャ)とオレンジ(エルニーニョ)が重なる事はない!

Wikiのデータは、「春」とか「秋」を使用しており、ここで:

 春 ➡ 3/4/5月

 夏 ➡ 6/7/8月

 秋 ➡ 9/10/11月

 冬 ➡ 12/1/2月

としています、ここで2021年春はラニーニャが宣言されたので2021年5月まではラニーニャでしたが、6月以降は未だWikiには載っていません(6月8日現在)

尚、現在は太陽サイクル25であって、それは2019年12月に始まっています

確かに、黒点活動が低下していた時はエルニーニョ、活発化した現在はラニーニャ、となっています!という事は、当分の間ラニーニャが続く、という事になりますか

 

 

まとめ:

1.直近の月単位48ヶ月の太陽黒点数とラニーニャ状態かエルニーニョ状態かを示すグラフであり、2021年5月まで(2021春)はラニーニャ状態であった

 

2.現在の太陽サイクルは25で、それは Dec_2019 に始まっており、太陽サイクル切り替わり時に黒点数は最も少なくなり、太陽活動も低下する、直近のラニーニャは、エルニーニョでもラニーニャでもなかった2020年夏(6月〜8月)を経過して、2020年秋(9月)に始まっていて、2021年春(3月〜5月)もラニーニャである

 

3.太陽活動が活発化すると、東風である貿易風が強まり、赤道帯にてペルー沖からインドネシア方面の西方へ海面を押しやる風応力が強くなり、結果、インドネシア方面へ海水は押しやられ、ペルー沖では深海の冷たい海水が海面にまで上昇、これが西に進みペルー沖の海面温度は下降するラニーニャ状態となる

ラニーニャ状態:

By Fred the Oyster:ラニーニャのときは、東風である貿易風が強く海面はインドネシア方向に追いやられ、深層の冷たい海水が海面がペルー沖に頭を出して、西方へ移動します

結果、ペルー沖の海面温度は下降する!

 

 

 

追記:2021/06/10 17:30

Yahooさんニュースによれば:

news.yahoo.co.jp

という事だそうです

尚、Wikiの内容は未だ更新されていません

 

 

 

以上、お付き合い頂きまして、誠にありがとう御座いました

感謝です