なぜ地球磁極は逆転するのか?

現在、太陽黒点数の推移を追っています

太陽黒点数の推移を追う:3月度その3:太陽黒点数と景気動向指数CIの推移

直近48ヶ月の太陽黒点数と景気動向指数CIの推移を表示します

2015年2月〜2019年1月までの48ヶ月間の黒点数の推移と景気動向指数CIの推移です。

景気動向指数CIは2019年1月の値が出た [統計表一覧:景気動向指数 結果 - 内閣府] ので、長期系列データをダウンロードし、2015年2月〜2019年1月までの48ヶ月間の値と対応する太陽黒点数との相関を取ってみました。

CIが1月までなので、黒点数も1月までに揃えてあります。

景気動向指数CIは、先行指数Leadingと一致指数Coincidentに分けられます。

f:id:yoshihide-sugiura:20190308212811p:plain

CIは振り幅が少なく、これで黒点数との相関を見るのはなかなか難しい。

一致指数Coincidentの2019年1月数値は、この48ヶ月では最低の97.9となり、ここで景気後退観測が出てきたものと思われます [日本はすでに景気後退局面に入っている | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準] 。

しかし、私は、一般論としての経済・景気と太陽黒点数の関係には興味を持っており、こんなグラフをいちいち挙げる人もいないと思うので、気が付いた時には挙げてゆきたいと考えております、たとえ相関が取れなくても、です。

皆様も何かご興味のある公開データがあれば仰って下さい、上記レベルのグラフでしたらスグに出せますので、よろしくお願い致します。

 

以上です

 黒点数の推移にご興味のある方は「読者」登録されますと、更新時にメッセージが届きますので、たいへん便利かと存じます。

 本ブログ題名「なぜ地球磁極は逆転するのか?」と件名「太陽黒点数の推移を追う!」は内容に於いて一致しません。 これは、はてなブログ無料版を使っている上で成行き上そう成ってしまったからです。 これを回避するにはproに行くしかないそうです。 現在、proに移行する計画は無く、当面このままで行くしか無い状況です。 混乱させて大変申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

 尚、太陽の黒点に関する一般的な解説は、こちら: [太陽黒点 - Wikipedia]

 

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

 

免責:

本ブログにおけるデータハンドリングと解釈・プログラム作成・結果としての内容などに関し、本ブログ著作者はいかなる責任を負うものでもありません。

引用:

[1] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[2] List of solar cycles - Wikipedia