なぜ地球磁極は逆転するのか?

現在、太陽黒点数の推移と、太陽磁極の逆転メカニズム、を追っています

6月度その6:太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題を単一パルス入力に戻し長時間シミュレーションする!

太陽磁極の逆転を追う ➡ MHDシミュレータ ➡ リーマン問題を単一パルス入力に戻し長時間シミュレーションする!

 

 という訳で、S極ーN極ーS極の一次元ラインとは、太陽のポロダイル磁場を水平に切って、その一部直線を描画したものである、と解釈できます。

 

f:id:yoshihide-sugiura:20190605142228p:plain

まぁ細かい事を言えば、多少の誤差はありますが、置いといて先に進みます。

 

 そこで、SーNーSの単一パルス入力に戻し、時間をT=0からT=99まで伸ばしてシミュレーションしてみました(従来はT=0から2、及びT=0から19迄です)。

100画像分のgif結果は:

f:id:yoshihide-sugiura:20190605131152g:plain

f:id:yoshihide-sugiura:20190605131424p:plainT=0

f:id:yoshihide-sugiura:20190605131509p:plainT=4

T=4からT=5でマイナスS極側に逆転して:

f:id:yoshihide-sugiura:20190605131608p:plainT=5

その後、Y軸はマイナス値のS極が続き、N極プラス側に回復する事はありません:

f:id:yoshihide-sugiura:20190605131751p:plainT=24

T=49では中央が凸に膨らむがY値そのものはマイナスで:f:id:yoshihide-sugiura:20190605131658p:plainT=49

それが最終T=99まで続きます:

f:id:yoshihide-sugiura:20190605131833p:plainT=99

 

 しかし、電磁誘導の起電力という観点からは、変化する磁束に比例して起電力が生成されるから、プラスに変化した磁束かマイナスに変化した磁束かで、結果流れる電流の向きは正負どちらもあるでしょう。

ここで電流の流れる方向はX方向で、正負はX方向の正負、でいいのでしょうか? この辺りが今ひとつハッキリしません、私には。

 

 
最後まで、読みづらい内容、お読み賜りまして、誠にありがとう御座いました。

 

ここでは、以下の資料を常時参照しています:

MHDシミュレータソースコードとしては神戸大学・銭谷誠司先生開発のOpenMHD:

[OpenMHD コード]

磁気流体力学の教科書としては、法政大学・松本倫明先生出筆中の:

[http://redmagic.i.hosei.ac.jp/~matsu/konan15/book.pdf]