なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/カナダ地磁気を追っています

6月度その7:カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICの北方向磁場強度の日動作を追う!

カナダの磁場強度シリーズ➡ビクトリアVICの北方向磁場強度の日動作を追う!

 

 

6月は、続いてカナダ・ビクトリアの北方向磁場強度の日動作を3年間追います

日動作というのは、1日の磁場強度変化において最大値が得られる時刻と最小値が得られる時刻を測定し、最大最小動作の原因を追うものです

オタワとどう違うか?ですが、まずはビクトリアの日動作を調べます

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

観測期間は、2018年6月から2021年5月までの3年間です

 

データは [Geomagnetism Canada] よりダウンロードしグラフ化しています

図1:1日の磁場強度の最大値と最小値

f:id:yoshihide-sugiura:20210612165900p:plain

その差分は50nT程度である、全体としてビクトリア北方向磁場は3年間で大きな変動はなく、フラットである

 

図2:最大値と最小値の観測時刻

f:id:yoshihide-sugiura:20210612170028p:plain

時刻は国際標準時UTCで、グリニッジにおける時刻と思って頂いてよい

UTC18時頃に最小値が観測されているが、UTC4時頃にも最小値が観測されるベルトがある、これは3年間を通じてである、UTC18時頃とUTC4時頃の2ヶ所に最小値ベルトが観測されるという事はオタワではなかった現象である

一方、最大値の方はUTC23時頃とUTC9時頃の2ヶ所にベルトが生成される事になる

 

それでは、まずUTC18時とUTC4時の太陽位置を調べてみよう

[Aurora - 30 Minute Forecast | NOAA / NWS Space Weather Prediction Center] より6月12日に予測されたオーロラ帯と太陽光とビクトリア位置を示せば(3年間常にUTC18時頃とUTC4時頃に最小値なのだから何月何日でもいいのだ):

図3:UTC18:01における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612175408p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で午前10時頃である

この時、南中しているのは地球双極子S極2020である、と言える

 

図4:UTC04:04における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612175655p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で20時頃である

この時、南中しているのはやはり地球双極子S極2020である、と言える

 

 

 

それでは最大値を示す時間帯UTC23時とUTC9時における太陽位置とビクトリア位置を確認しよう

図5:UTC23:01における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612181313p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で午後17時頃である

 

図6:UTC09:05における太陽位置とビクトリア位置

f:id:yoshihide-sugiura:20210612181953p:plain

この時、ビクトリアは現地時間で午前1時頃である

 

 

 

まとめ:

1.ビクトリアでは最大値または最小値のベルトが2ヶ所に現れる、という測定結果である(但し、ベルトで強弱はあるが)

2.これはオタワでは観測されなかった現象であり、3年間に渡る観測結果なので、一時的なものではない

3.オタワではオタワ南中時に最小値が観測されたが、ビクトリアでは地球双極子S極が南中する時に最小値が観測されている

4.ビクトリア独特の、2ベルト現象と地球双極子南中時に最小値を示す、の原因についてはもう少し考えないと分からない

しかし、観測事実として報告する意味は大いにある、と思います

 

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です