なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/カナダ地磁気を追っています

6月度その6:カナダの磁場強度シリーズ➡磁場強度・最大値と最小値のとり方を説明します!➡追記あり!

カナダの磁場強度シリーズ➡磁場強度・最大値と最小値のとり方を説明します!

 

 

日動作や年動作のグラフばっかり説明して来まして、最大値と最小値のとり方を説明しておりませんでした

これ、気になっていましたので、本日はここを説明致します

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210507041809p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210508095321p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

極地電離層における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

 

 

 

カナダにおける地磁気データベースは:

 

秒単位で地磁気強度を測定し、分単位で平均した値にてダウンロードしています

これを3年分ダウンロードします、従いまして1,576,800分となります

 

このデータをスキャンし、1日単位で:

最大値が検出された時刻と値を内部テーブルに格納

最小値が検出された時刻と値を内部テーブルに格納

こうして日時(日&時で分は外す)単位で外部テーブルにファイル出力し、Rでグラフ描画しています

差分を取る時は、差分を取ってから外部ファイルに出力しています

 

 

追記:2021/06/11 17:35

もし同じ地磁気強度が異なる時間で検出された場合はどうなるのか?とお考えの方もおられるかと思いますが、地磁気強度は:

フローティングにて小数点以下4桁で表現

していますので、まず同じ値になる事はない、とお考え下さって大丈夫です

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です