なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/世界の地磁気変動を追っています

11月度その7 世界の北方磁場強度シリーズ➡フレデリックスバーグの地磁気変動3年間を調べ、GOES-16Eと準リアルタイム波形3日間を比較する!

世界の北方磁場強度シリーズ➡フレデリックスバーグの地磁気変動3年間を調べ、GOES-16Eと準リアルタイム波形3日間を比較する!

 

オタワOTTの地磁気変動3年間とGOES-16Eとの波形3日間に続いてフレデリックスバーグFRDをアップ致します

波形の観測期間はOTTと同じで、UT11月2日05:52から5日05:51までの3日間となります

 

現在、

オタワOTT➡フレデリックスバーグFRD➡サンファンSJGをGOES-16Eと、

ミーノックMEA➡ビクトリアVIC➡ホノルルHONをGOES-17Wと、

柿岡KAK➡グアムGUA➡キャンベラCNBをGOES-17Wと、

シャンポンラフォレCLFをGOES-16Eと、

の順番で地磁気変動と波形をアップしてゆきます、計10ヶ所となります

 

 

今回は、フレデリックスバーグFRDです

 

フレデリックスバーグで幼少期を過ごした米国初代大統領ジョージ・ワシントンとGOES衛星、

Gilbert Stuart Williamstown Portrait of George Washington.jpg f:id:yoshihide-sugiura:20211027223310p:plain

です

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

まず、地磁気一般と当ブログモデルと電離圏一般です

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20211020051426p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである、地球内核は単結晶の固体鉄であって永久磁石として磁場方向を記憶している

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

[世界初!地球中心部の超高圧高温状態を実現 ~ようやく手が届いた地球コア~ — SPring-8 Web Site] さんの図に説明追加させて頂ければ:

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

電離圏とfoF2とは [電離層(Ionosphere)について解説] さんより

f:id:yoshihide-sugiura:20210827173546p:plain

上図は昼の状態で夜から昼への移行モデルを示せば [Ionosphere - Wikipedia] より、By Carlos Molina

電離圏S4シンチレーションマップはオーストラリア政府 [SWS - Section Information - About Ionospheric Scintillation] より

f:id:yoshihide-sugiura:20211020052507p:plain

 

[バンアレン帯 | 天文学辞典] によれば、

f:id:yoshihide-sugiura:20211024075540p:plain

南緯30度西経60度を中心とするブラジル磁気異常では、地磁気が弱く内帯の端は高度200km程度まで降下しています

 

 

ここから本文です

1.フレデリックスバーグFRDとGOES-16Eの磁力線パターンと緯度経度を確認です

図1:GOES-16EとFRDを通過する磁力線パターンと緯度経度

f:id:yoshihide-sugiura:20211106220437p:plain

FRD磁力線は電離圏を長く通過しますが、バンアレン内帯とは短いです

16E磁力線は、電離圏バンアレン帯も横切る形で長く相互作用していません

 

 

2.続いてフレデリックスバーグ3年間の北方地磁気変動と最大値最小値カウントグラフです

図2:フレデリックスバーグFRD3年間北方磁場強度変動グラフ

f:id:yoshihide-sugiura:20211106220927p:plain

Y軸はピッチ100nT、縦幅全体で500nTに揃えています

FRD磁場強度は増加ですが、OTTほどではありません

 

このグラフに現れたデータのみを使って24時間の最小値・最大値出現時刻と回数の統計グラフをとると、

図3:フレデリックスバーグFRD最小値最大値の観測時刻カウント分布

f:id:yoshihide-sugiura:20211106221837p:plain

UT16時台に強い最小値ピークが現れ(集中し)LT11時台となります、最大値は分散します、この当りはOTTと同じです

 

 

3.GOES-16EとFRDの準リアルタイム波形3日間グラフです

観測時間は、UT2021年11月2日05:52〜11月5日05:51までの3日間72時間です

図4:FRDとGOES-16E波形グラフ3日間

f:id:yoshihide-sugiura:20211106222157p:plain

現在、Y軸高さを400nTに揃えています

解析は改めてさせて下さい、でも一言だけ、磁気嵐のあいだ波形は同相に近いように見えます

 

 

まとめ:

1.この調子で世界各地10ヶ所をアップ致します

2.目標は、最小値なり最大値が集中し強い単独ピークを示す原因を追うことにあります

3.今回、K-index6@柿岡が偶然にも観測されたので、3日間波形から太陽風による地磁気の影響についてまとめます

4.10ヶ所での測定が終えたら、各地の平均磁場強度と差分平均磁場強度のグラフをまとめます

 

 

 

以上、お付き合い頂き誠にありがとう御座いました

感謝です