なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/世界の地磁気変動を追っています

10月度その11 世界の北方磁場強度シリーズ➡太平洋はホノルルのデータを見つけ北方磁場変動3年間グラフを出す!

世界の北方磁場強度シリーズ➡太平洋はホノルルのデータを見つけ北方磁場変動3年間グラフを出す!

 

ホノルルHONのデータをINTERMAGNETさんからダウンロードしグラフ化しました

期間は2018年10月から2021年9月迄の3年間です、が、異常データが存在していましてフィルター処理を掛けています

昨日のグアムGUAに続いて面白い結果が出ています

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

 

まず、地磁気一般と当ブログモデルと電離圏一般です

地表の磁場強度マップ2020年

ESAより地球全体を示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210826182214p:plain

IGRF-13より北極サイドを示せば、

f:id:yoshihide-sugiura:20210826182616p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルは:

1.地球は磁気双極子(棒磁石)による巨大な1ビット・メモリーである、地球内核は単結晶の固体鉄であって永久磁石として磁場方向を記憶している

2.この1ビット・メモリー書き換え可能外核液体鉄は鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態であり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した時に書き換わる

[世界初!地球中心部の超高圧高温状態を実現 ~ようやく手が届いた地球コア~ — SPring-8 Web Site] さんの図に説明追加させて頂ければ:

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

3.従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可でカオスである

 

当ブログの磁気圏モデルは:

f:id:yoshihide-sugiura:20210422175415p:plain

 

極地電離圏における磁力線形状として:

f:id:yoshihide-sugiura:20210525070739p:plain

 

地磁気方向定義とは

f:id:yoshihide-sugiura:20210423042502p:plain

 

電離圏とfoF2とは [電離層(Ionosphere)について解説] さんより

f:id:yoshihide-sugiura:20210827173546p:plain

上図は昼の状態で夜から昼への移行モデルを示せば [Ionosphere - Wikipedia] より、By Carlos Molina

電離圏S4シンチレーションマップはオーストラリア政府 [SWS - Section Information - About Ionospheric Scintillation] より

f:id:yoshihide-sugiura:20210907163716p:plain

 

 

 

ここから本文です

ホノルルHONデータもINTERMAGNETサイト [Data Download] よりダウンロードし例によってグラフ化ました

[INTERMAGNET] さんは、地磁気データを提供するサイトだそうで、感謝です!

 

 

ホノルルHON(北緯21度)の北方磁場強度最小値と最大値3年間です

図1:最小値と最大値3年間

f:id:yoshihide-sugiura:20211013230335p:plain

何と、初めて北方地磁気減少観測地点に遭遇しました!

HON以外はOKIもGUAもKAKもMEAもOTTもCLFも増加(VICはほとんどフラット)でした

グラフで描画されているデータは最小値で1085日、最大値で686日(正常であればどちらも1095日)です、最大値では約13.5ヶ月409日分ものデータが欠損しています

直線性グラフから外れているから欠損であるというのは早計でして、磁気嵐等の原因により最大値が異常に大きくなったのであれば、それはそれでグラフに載せる必要があるのでしょうが、、、時間を掛けて解析してみます

従って図1グラフは、定常状態における変動を3年間プロットすれば、と解釈します

全体平均とは、グラフ内に表示された最小値平均と最大値平均を取って、又その平均を取っています、KnTとはμTの事なのですが地磁気の世界ではnT表示が多いのでKnTとしてみました

 

 

ホノルルHON(西経158度)の北方磁場強度最小値と最大値の時刻別カウントです

図2:最小値と最大値の時刻別カウント

f:id:yoshihide-sugiura:20211013230429p:plain

カウントしたデータは最小値で1085日・最大値で686日、図1に示された範囲内データのみをカウントしています、従って最大値はだいぶカットされています(約13.5ヶ月409日分!)

HON西経158度はグリニッジとの時差約10.5時間で、

LT21.5時台に最小値

LT12.5時台に最大値を観測しています

これは昨日GUAの結果は、LT18.5時台に最小値、LT10.5時台に最大値、でしたから似てると言えば似てるし似てないと言えば似てない、最大値に関してはGUA10.5時台とHON12.5時台と2時間差です

ここで最大値に関してはHONは409日ものデータ欠損がありますので注意が必要です

図1を見るとHONは2018年12月以降の約1年間は最大値異常データ期間となっています、磁気嵐か機器の故障か、これは他観測点との関連を見ていかないと分かりません

また最大値・最小値は極めて綺麗なシングルピークとなっています

 

 

まとめ:

1.どうも低緯度(0度〜30度)では磁気嵐でもあったのか異常数値を示すデータが多いのです(中緯度のCLF/OTT/MEA/VIC/KAKではこのような事はありませんでした!)

2.しかし低緯度のGUA北緯13.5度とHON北緯21度はLT10.5〜12.5時台に最大値を観測しておりこれは極めて興味深いです

3.そこで、次に南米フランス領ギアナのクールーKOU(何と北緯5.2度)のデータをグラフ化してみます(クールーは西経52.7度ですから、米国衛星GOES-16East西経75度との時差は約1.5時間です)

 

さて、フランス領ギアナ位置ですが、フランスのロケット発射基地(ギアナ宇宙センター)があるそうで、

By TUBS:

フランス領ギアナの位置

              ここです 

世界には知らない所ばかりです!

 

 

 

以上、お付き合い頂き、誠にありがとう御座いました

感謝です