なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/カナダ地磁気を追っています

4月度その8:地球磁極の不思議シリーズ➡カナダ・オタワの地磁気振動・最小値時刻の原因を探る!➡追記あり!

地球磁極の不思議シリーズ➡カナダ・オタワの地磁気振動・最小値時刻の原因を探る!

 

先日の記事「4月度その7:地球磁極の不思議シリーズ➡カナダ・オタワの地磁気振動・差分のみならず最大最小グラフも採る! - なぜ地球磁極は逆転するのか?」は、オタワにおける2年間の地磁気振動(最大値・最小値と差分)を報告しました

本日は、オタワにおいて北方振動の最小値はオタワ時間で12時頃、西方振動の絶対値最小値は14時頃に観測される原因を考察致します

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

尚、地磁気に関するデータはすべからく商用には使用できませんので、ご注意下さい

 

 

地球表面の磁場強度マップ2020年

地表の磁場強度分布図(ESA)、青が弱く赤が強い

f:id:yoshihide-sugiura:20210407055543p:plain

2020年の北磁極と南磁極の位置、オタワの位置を示している

2020年の北極側から地磁気強度マップを取れば(IGRF-13)、

f:id:yoshihide-sugiura:20210408015904p:plain

 

当ブログの磁極逆転モデルを示せば:

1.地球は巨大な1ビット・メモリーであり、内核の鉄単結晶が南北どちらかの極性をロックし双極子磁場(棒磁石)として記憶している

2.この1ビット・メモリー書き換え可能、書き換えは外核液体鉄が上層部では鉄イオンと電子の乱流プラズマ状態となり、磁力線の凍結が生じ、磁気リコネクションを起こし、磁力線が成長し極性が逆で偶然に充分なエネルギーに達した場合に書き換わる

従って地球磁極の逆転は偶然の作用であり予測不可能で、カオスとしてよい

f:id:yoshihide-sugiura:20210407061301p:plain

 

地磁気データは、気象庁 [地磁気観測所|基礎知識|用語の説明] さんより

地磁気の各要素

地磁気ベクトルのX正方向が北成分、Y正方向が東成分、Z正方向が鉛直成分

 

 

追記:2021/04/13 21:30

考えてみれば最小値検出時刻が主役なので、検出時刻をもう少し大きく描画するグラフとしました、その分、差分グラフの領域はカットされています

差分については、北方・西方振動ともに夏場に最小値が得られている所から、夏場に着眼点を移しました(記述を変更してあります)2021/04/14 06:06

 

 

まず、最大値最小値グラフは考察対象から外し

差分グラフの最大値最小値観測時刻から考察

します!

 

 オタワの北方振動・最大値ー最小値(1日当り)を示す

測定は秒単位で行われ、分単位の平均値を求め、一日における分単位の最大地磁気強度と最小強度の差分をグラフで示す、データは [Digital Data from Canadian Magnetic observatories] より(以下、同様)

f:id:yoshihide-sugiura:20210414055542p:plain

夏場(ブルーライン)に振動幅が最も小さくなっている事が確認できる

最小値ベルト(シアン)は国際標準時で12時頃から18時頃に現れている、これは1年を通じて、である

オタワは世界標準時から4時間手前なので、オタワ時間では8時頃から14時頃に最小値が出現する、となる、中心を取るとオタワで12時頃に最小値が多く観測されるのである!

最大値出現時刻(マジェンタ)で上書きをしているので、マジェンタの下に最小値(シアン)が隠れている可能性はあるが、シアンの下にマジェンタが存在する事はない

 

 

 オタワの西方振動・最大値ー最小値の変動量を示す、マイナス値なので西方向成分となっている

f:id:yoshihide-sugiura:20210414061131p:plain

西方振動も、夏場に差分最小値が観測されている

しかし驚くべき事は、最小値ベルトが15時頃から21時頃に存在している事である

オタワ時間で言えば、11時頃から17時頃となる、中心を取ると14時頃となる

西方振動では00時から12時までの間にシアンが少し見えるので、ここはマジェンタで上書きされている可能性はある

 

考察:

1.北方振動を見るとオタワ時間12時に最小値が得られている、これはオタワ南中時である

現在、太陽のN極は北極にあり、地球とは反対である(地球のN極は南極にある)、従って太陽両極が作る磁力線の方向は地磁気磁力線と反対であり正面衝突している

このような状況では磁気リコネクションが発生しやすく、太陽南中時にオタワ上空では磁気リコネクションにより地磁気磁力線が弱められる

従って、北方成分を採れば、南中時に最小磁場が観測されるのである

[太陽風に備える | HPCwire Japan] さん2013年の記事によれば、以下の図が掲載されている

20130826-S2

図ではSolar Wind(太陽風)とあるが、2021年現在では赤線矢印の向きが太陽両極が作る太陽磁力線の方向(地球とは反対)であり、磁気リコネクションを起こしている図となっている

2.同様の事がカナダ北部の地磁気強度ピークポイントでも南中時に起こり、それはオタワ時間で14時(時差2時間である)頃となる

従って、オタワ時間14時にカナダ北部の地磁気が弱まり、結果として西方振動の絶対値最小値が観測される時間がオタワで14時となるのである

3.現在、2019年12月にサイクル25がスタートして1年と数カ月であり、太陽北極にN極、南極にS極があるが、やがて2026年頃から逆転する

その時にどうなるか?

現在観測されているシアンベルトが弱まって来る(マジェンタが混在し始める)、と思われる

それは観測を続けていれば分かる事なのである!

 

 

 

以上、お付き合い頂きまして、誠にありがとう御座いました

感謝です