なぜ地球磁極は逆転するのか?

太陽黒点数/エルニーニョ/世界の地磁気変動を追っています

3月度その10 オゾン全量シリーズ➡オゾン全量と北方磁場の季節性振動を追う@西経60°OTT/FRD/KOU付近!

オゾン全量シリーズはオゾン全量に季節性振動が見られる所から、OTT/FRD/KOU付近(西経60°付近)におけるオゾン全量と北方磁場強度の季節性振動を追っています

OTT ➡ 北緯45.4°、西経75.6°

FRD ➡ 北緯38.2°、西経77.4°

KOU ➡ 北緯5.2°、  西経52.7°

であり、西経60°を基準線に選んだ次第です

 

 

お付き合い頂ければ幸いです

 

 

[気象庁 | 月平均オゾン全量の世界分布図]から目視によりデータを拾っています

オゾン全量は2ヶ月前の値が公開ですので、最終月は2ヶ月前と同じ値を使っています

図の下に(2020_03〜2023_02)とあるのは36ヶ月(3年)測定で、最新データは(3月の場合)23年1月ですので23年2月はコピーしています、という意味です

図1:西経60°にて北緯45°,北緯30°,赤道0°,南緯30°のオゾン全量

N45°>N30°>S30°>E0°となっています

N45°のピークは冬〜春にかけて、年1回振動、

N30°のピークは春、年1回振動、

S30°のピークは夏〜秋にかけて、年1回振動、

E0°は年2回振動、

しているように見えます

 

図1の赤道0°におけるオゾン全量変化とKOUにおける磁場強度(最大値-最小値)の相関を調べます(図2の赤道0°オゾン全量は図1より精度を上げています)

図2:

24ヶ月目以降は相関はなく、それ以前は相似形(同相の)動きをしています

 

図1の北緯30°におけるオゾン全量変化とFRDにおける磁場強度(最大値-最小値)の相関を調べます

図3:

これは、相関があるとは思えない、です

 

図1の北緯45°におけるオゾン全量変化とOTTにおける磁場強度(最大値-最小値)の相関を調べます

図4:

これは少し相関が見えます

 

 

まとめ:

1.オゾン層はKOUに最も寄与するので、KOUのみを取り上げて詳細に調べる必要がありそうです

 

 

 

以上、お付き合い頂きありがとう御座いました

感謝です